【デブ必見】ダイエットして寒がりになった人、ちょっとヤバいかも【痩せにくい身体になってる?】

どうも!八郎です!!
以前に、ミートテックを脱いだら極度の寒がりになっちゃった

20kg痩せて「ミートテック」を脱いだ結果、想定外の出来事が!

という記事を書いたんですが。
他のダイエットブロガーさんの記事を徘徊していると、

        

ダイエットして痩せると寒がりになった

        

という内容のブログや記事が方々で書かれている事がわかりました。
どうやらダイエットしたら寒がりになる、は気のせいではないようです。
と言うことで、今回の記事は

      

ダイエットして寒がりになった人、ちょっとヤバいかも

        

と題して、
ダイエットするとなぜ寒がりになってしまうのか、
そしてその結果、どういう弊害が待ち受けているのか、
この辺りを調べた結果を書き連ねていこうかと思います。
やっぱり、寒がりになるのには、それなりの理由がありそうです。
そして。。。
自分で調べていく内に、寒がりの身体がますます

       

薄ら寒くなる

       

事実が発覚してしまいました(笑)

そのうすら寒くなるような事実とはいったい何なのか?
ダイエットと密接な関係があるのか。。。

それでは、
デブが痩せて寒がりになると身体はどうなっているのか
早速始めたいと思います!

       

脂肪が減ると寒がりになる?

脂肪が減ると寒がりになる

というブログや記事は結構発見できます。
「脂肪」を「ミートテック」に置き換えれば、まさにそのままの内容です。
科学的根拠(エビデンス)は全く無いんですが、
読んでみた内容を総合すると

科学的根拠(エビデンス)は無いけど痩せると寒がりになるメカニズム「憶測」
・急激に体重が減ると、身体が(寒さなどの外気温の急激な変化に)対応できない
・皮下脂肪には保温効果があるので、皮下脂肪が減ると、保温効果も損なわれるため寒がりになる
・脂肪は身体の断熱材。なので・脂肪が減る→・断熱材が減る→・寒くなるように感じ

みたいな記事が、知恵袋を中心に見られました。
。。。おいおい、知恵袋の記事を鵜呑みにするんかい!?
と突っ込まれそうなので、言っておきます。

       

科学的根拠(エビデンス)は無い

         

と。。。
知恵袋の内容って何か、そんな気もするけど、突っ込みどころも満載、的な感じの内容ですよね。
はっきり言えば、いまひとつ信憑性に欠ける、と。
(スミマセン、知恵袋をディスっている訳ではありません。。。)
で、もう少し読み進めてみると、
すこーし、核心に触れそうな内容が出てきました。。。

        

代謝が落ちる(悪くなる)と、身体が冷えやすい?

おおお、これはもう少しつつけば、核心に触れそうな内容ですね。
八郎、体重が20kg落ちて、代謝が2200kcal→1900kcalまで落ちました。
ご飯茶碗1杯半分の代謝の低下です。

         

ちなみに代謝が悪くなると、下記のような状況に陥るようです。

基礎代謝が下がるとこんなデメリットがある
・代謝の低下によって体温が下がると、血管が収縮して血流が悪くなる
・血液は栄養と酸素などを届ける重要な働きがあり、血流が悪くなると、その働きを改善させるため体を温めようと皮下脂肪を蓄え始める
・代謝が落ちて消費されないエネルギーが、皮下脂肪の蓄積に使用されて太っていく


。。
。。。

あれ?

     

皮下脂肪を蓄え始める?

      

これって。。。

       

脂肪を蓄える=太る

       

最悪の構図ジャマイカ。。。
基礎代謝が下がると、太りやすくなるのか。。。

基礎代謝が下がると太りやすくなる?メカニズム
・ダイエットする
   ▼
・寒がりになる
   ▼
・寒がりなのは「代謝が悪い(落ちている)」
   ▼
・代謝が悪いと「皮下脂肪を貯めようとする」
   ▼
・結果、太りやすくなる(←イマココ)

はあああぁぁぁ???

        

これ、ダイエットで、絶対にダメなやつじゃないの?
そうか、俺が最近痩せないのはこういう事だったのか(←スットボケ)
とまあ、科学的根拠は乏しいままですが、

         

寒がり→基礎代謝低下→皮下脂肪溜め込み→太りやすい(痩せにくい)身体

          

と言う構図は成り立ちそうな感じがしてきました。
そして、更に調べて、めまいのするような事実が発覚するのです。。。

          

運動なしのダイエットは筋肉量が低下しがちで、結果基礎代謝が下がる

これですわ。
八郎、運動なしに痩せた経緯がありますが、
この1行にドンピシャ、当てはまるんですね。

そのサイトには

         

「筋肉量を過度に増やしながらやせる必要は無いが、適度な運動で筋肉量を必要以上に落とさない様にダイエットするのが良い」

         

と書いてありました。
しかし、筋トレとかランニングとか単純な運動が大嫌いな八郎は、
運動を完全否定してダイエットに走った結果、

          

運動ゼロでのダイエットで必要以上に筋肉量を落としてしまった

         

可能性が高いことがわかってきました。
なるほど、

      

「適度に運動しながら痩せんかいコノヤローッ!」

     

と推奨されている裏には、こう言うカラクリがあるわけね、と。
ちなみに、八郎の骨格筋率は、
体重計に乗っているだけなので、
どこまで正確に計測できているのかわかりませんが、
八郎の2019年の、

「体脂肪率」
「骨格筋率」
「BMI」

はこの辺の数値をさまよっています。。。

▲出典:ELECOM HP「Vol.16 男性・女性の体脂肪率の平均は?骨格筋率と併せてチェックしよう」

これって。。。
体脂肪やBMIは高い水準なのに、
骨格筋率は低水準と言う。。。

        

もう人としてダメポな身体

      

じゃないの。。。
いや、こうして紐解いてみると

        

自分で自分の身体をダメポにしている

        

こうしてひとつひとつ紐解いていくと、

       

ダイエットに運動は必須

      

と言うことがよくわかりますね。納得です。
今まで、運動は必要かも知んないけど、
面倒だからヤラネ
と言うスタイルは非常に危険ということがわかってしまいました。

更に言えば、
ダイエットをして寒がりになってしまった人 は、
痩せにくい「デブルスパイラル」な身体になっているかもしれない、
というダイエッターには迷惑この上ない状況になっている危険性がある、
と言う衝撃の事実がわかってしまいました。。。

         

ダイエッターの皆さん、運動、大事ですよ(白目)

と言うことで、我ながら結構わかりやすい(←と勝手に自負している)文章で

        

ダイエットに運動は大事ですよ  

       

と言う記事を書いてみました。

         

ダイエットして寒がりになった人は、
身体はこういうメカニズムになって、冷え性になっていますよ、
だからダイエットするには、適度に運動しましょうね。

          

という八郎なりの見解、結論になります。
間違いもあるかと思いますが、大枠合っているような気もします。
ダイエットに運動って、大事ですねー(棒)

        

ただ、複数のサイトに書いてありましたが、

         

バリバリ運動しまくって、筋肉量を増やして代謝を上げる身体作りをすればダイエットが捗るのか?

と言われれば、決してそうではないと言うことで、
あくまで適度な運動が大事、という結論でした。
何でもそうなんですが、極端に「やらない」もしくは「やりすぎ」の2択はよくない、と言うことですよね。

         

日本語的なファジーな言葉ですが

      

適度

          

と言う曖昧な感じが、何事にも程よく必要、と言うことがよくわかった今回の考察でした(困惑)

と言うことで、今日の結語。

        

ダイエットに運動って、大事ですよ(白目)

         

今回は以上です。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!!

この記事を全世界へ拡散せよ!!

▼フォローするとTwitterでブログの更新情報がツイートされます!
▼押してもらえるとブログのヤル気に繋がります!
にほんブログ村 ダイエットブログへ
 
▶ブックマークはコチラのページをお願いします!!◀
八郎のラジオ「はちろん!」公開中です!良かったら覗いてください!!◀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です