原因不明の偏頭痛 ―不摂生がもとで死にかけた話(1)―

どうも!八郎です!!

「不摂生がもとで死にかけた話」

今日からが本当のスタートです。
いつもスローで申し訳ありません。

時は、入社4年目27歳の八郎。
プチダイエットを成功させて、現嫁の職場の彼女を振り返らせることができたものの。
その反動で不摂生まっしぐら!

リバウンドの道をひた走る、不健康な生活を重ねる八郎に、命の危機が迫ります。
それでは、続きをうどうぞ!!

    

原因不明の片頭痛

このところ。
突然、極度の頭痛に襲われるようになります。

ズキン ズキン ズキン ズキン …

心臓の鼓動が、そのまま頭痛になって跳ね返ってくる感じ。
最初の方はバファリンで効いていたんですが。
その内常用では聞かなくなり、飲む量を1.5倍→2倍と増やしていきます。。。

その内2倍のんでも効かなくなってきます。
しかし2倍以上の服用は流石に身の危険を感じ控えることに。
(↑2倍でも十分に危険です、マネしないように(笑))

その内、週1回程度だった頭痛の頻度は上がっていきます。
間隔が、2週で3回 → 週に2回
と縮まってきます。

そして、拙い事に頭痛の傷みも増してきます。
ついには、立っているのも辛いくらい。
よく頭痛が収まるまで、こっそり車のリクライニングシートを倒して、薬が効いて頭痛が収まるのを待っていました。

これが最初の体調の変調でした。

食欲がなくなる

彼女をゲットしてからはダイエットを休止、と言っていましたが事実上の「中止」。
パスタを1袋ゆでたり、袋ラーメンを5食全部食べたり、300-400gある肉のパックを1食で食べたり。。。
(↑自分で書いていて酷過ぎると思う(笑))
やりたい放題食べていたのが、だんだん、食べられなくなります。
最初は、

   

八郎「ダイエットになって丁度いいや」

    

くらいに軽く考えていましたが。
だんだんスーパーで食材を買っても食べきれない、残す日が出てくるようになり。。。
気が付けばほとんど食べられないように。
でも食べられないのに、お腹は下しているんです。
そして、いよいよ固形物は受け付けなくなり。
飲み物や野菜ジュースしか摂る事ができなくなります。

あ、これ、決して「拒食症」ではありませんからね。
最初は暴飲暴食してましたからね。   

胃の中に何もないのに「吐き気」

そして、勤務中に突然の吐き気。
でも、胃の中には何もありません。
えずくだけで終わる事もあれば。
胃液を吐くこともあります。
今まで人生の中で吐いたことなんて。

貝にあたった時
部活で死ぬほど走らされた時

くらいしかなかったので、このあたりから尋常ではない事を薄々感じていました。

しかし

八郎は、誰にも言う事無く放置していました。
(次回へ続く)

この記事を全世界へ拡散せよ!!

▼フォローするとTwitterでブログの更新情報がツイートされます!
▼押してもらえるとブログのヤル気に繋がります!
にほんブログ村 ダイエットブログへ
 
▶ブックマークはコチラのページをお願いします!!◀
八郎のラジオ「はちろん!」公開中です!良かったら覗いてください!!◀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です