「低カロリー」だからといってたくさん食べるのはダイエットにはよくない説

どうも!八郎です!!

            

ダイエット中、腹減りますよねー。
たまらなく減る時ありますよねー。
もう、食べたくて食べたくて、口寂しくて、
食べ物を「本能」で欲する時がありますよねー。

        

そういう時のダイエットの味方???

✅低カロリー
✅低糖質
✅ロカボ
(同じ意味かな。。。)

の食べ物なら…

   
たくさん食べても大丈夫!

    

と思っている人!
その考え方、間違ってはいないけど、
正しくもありません。

       

は?
え?
なんで?

          

と思う方。
八郎の個人的意見、持論ですが
この先を読んで頂ければ、と思います。    

カロリーの足し算で、制限内に収めると言う考え方は理論的には正しいが

ダイエットと言えば、

○カロリーの足し算で、制限内に収める

と言う考え方が一般的です。
1日の摂取カロリーを、1500kcalと制限したとします。

✅朝 400kcal
✅昼 600kcal
✅ 夜 400kcal

とした場合、1日の総摂取カロリーは1400kcalとなり、
100kcal、計算上は余っています。

             

ここで、夜、猛烈に空腹に襲われて、
100kcal分、例えば、
糸こんにゃくをめんつゆでたらふく100kcal食べました、とします。
ちなみに糸こんにゃくは100gで6kcalです。
計算上は1kg食べると60kcalです。100kcal分食べようと思えば相当食べられますよね。

こんにゃくダイエットの効果・食べ方を当ブログで紹介!

※こんにゃくの食べすぎはこの記事で書いているように危険ですので止めましょう

こんにゃくを100kcal分食べて、
総摂取カロリーはジャスト1500kcalです。

理論上は何も問題ないんですが。。。
実は、たとえ、ローカロリー・低糖質であっても、
たくさん食べることには問題が潜んでいます。    

胃が大きくなってしまう

ダイエットを成功させる上で、重要なポイントとして
「胃を小さくする」というポイントがあります。
これは、食べる量そのものを少しずつ減らして行き、
それ程食べなくてもお腹一杯に感じるように持っていくことです。

              

基本我々デブは、胃が大きい人が多いと思います。
おまけに満腹中枢もちょっとおかしい人
(▲失礼な言い方でスミマセン)も多いでしょう。
だから、人より沢山食べないとお腹が一杯にならないんですね。

          

なので、ダイエットで成功をつかむためには、
摂取カロリーのコントロールもそうなんですが。
「胃を小さくする(せめて人並みにする)」
と言うのが、最初はカロリー制限より
大きなミッションかもしれません。    

ローカロリーとはいえ、満腹になるまで食べ続けると、沢山食べないと空腹を満たせなくなる

ローカロリーだからといって、
腹いっぱい食べていると、
常に腹いっぱい食べないと、
満足しない身体になります。

           

こうなってしまうと、
摂取カロリーは制限内でも、
まずダイエットは成功しなくなるといってよいでしょう。

なぜでしょうか?

それは…

ローカロリーの食事に飽きてくるから

です。
このローカロリーの食事に飽き始めたら、ダイエットはほぼ崩壊です。
恐らく、味変のため、もう少しカロリーの高い商品に手を出し始めます。
そして、摂取カロリーも増え始め、食べる量は多いまま。。

これぞ”The リバウンド”

これが、世に言う典型的な

「リバウンド」

ですね(笑)

カロリー守ってたら、量は食べても大丈夫。

この思考に行き着き始めたら、
ダイエットの存続は非常に危ういです。
週に1回とかなら大丈夫ですが。
毎日こうなり始めるとダイエット崩壊は目前に迫っています。

             

よって、摂取カロリーよりもまずは

「胃を小さくする」
(実際小さくなるわけではないと思いますが)

事から始めるのが、ダイエットの近道かもしれません。
ただいきなり小食にするのは絶対ムリです。
そこで、今までカロリーを気にせず満腹食べていた食品を
ローカロリーや低糖質の食品に置き換えるのは◎です。

           

ただその際に少しずつ量を減らすようにしていくのは、
ダイエットを成功させる上での必須条件だと思います。    

どうしても量を食べそうになる時は…

八郎、他のダイエットブログを読んで、
「チートデイ」という言葉を初めて知りました。
このチートデイ。

25%以上の体脂肪率の人は必要なし

と書いてあったので八郎には必要ありません(笑)お呼びでないっ!
しかし、意味は違えど、思いっきり自我を忘れて食べたくなる時ってありますよね。
そういう時、食べる量を制限しながら満腹感を誘う方法はたった2つ。

          

①よく噛んで食べる(例えば30回噛むまで飲み込んではいけないというミッションを課す)
②食べるのが面倒な食べ物を食べる
(よく噛まないと食べられない食べ物や、食べるのに苦労する食べ物を食べる)

これしかありません。
デブの共通点に「早食い」という項目があります。
特に男性諸氏に多いですね。

          

早飯、早○ソ、芸の内

         

なんて寅さんの名言もありますが。
ダイエットを志す者にとっては
控えないといけない行動です。

         

胃を小さくするためには、
ローカロリー、低糖質食品でも食べすぎはダメ。
厳しい掟ですが、ローカロリーの過食は週に1回程度に留め、
他はよく噛むなどの手法で、自分を誤魔化していきましょう。
さもないと、リバウンド、
という諸刃の剣があなたを待ち構えていますよ…
(▲あれ?これが噂のブーメラン???www)

        

今回は以上です。
最後までお読みいただき、ありがとうございました!!

この記事を全世界へ拡散せよ!!

▼フォローするとTwitterでブログの更新情報がツイートされます!
▼押してもらえるとブログのヤル気に繋がります!
にほんブログ村 ダイエットブログへ
 
▶ブックマークはコチラのページをお願いします!!◀
八郎のラジオ「はちろん!」公開中です!良かったら覗いてください!!◀

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です